魂の休息所

ほっとひといき

文章のエネルギー

自分が憧れている人っていますか?

私の場合あんまり俳優さんだとか歌手だとかに熱を上げるってことはなくて、こんなふうになりたいなって人はいなかったんですよね。いや、確かに外観の好みとかはあるんだけど、こういう佇まいに憧れる的なことってあんまりなくて。

でも他人の文章を読んで『あぁこういう人になりたい』なとか、この空気感が好きみたいなことはすごく多いです。ただ、文章好きだけど動画でその人が喋ってるのを見て『あれ、ちょっと違ったな』ってこともあったので、文章を読んでその空気感から自分が作り上げた人物像に憧れすぎちゃうと危険だなとも思うけど^^;

文章のエネルギーってやっぱあって『私はエネルギー感じない』って人も実はちゃんと振り分けできてるんじゃないかな。特にこれだけインターネットで情報入手していると、瞬時にキャッチしてふるいにかけてる気がする。

何か商品を勧める投稿ひとつとっても本人が本当にその商品を好きで他の人にも是非勧めたいと思っているのか、実は広告目的がメインなのか、はたまた『こんな素敵な商品使ってる自分』を顕示したいのか、結構ビューアーは見抜いちゃう気がするんだよね。なんだろう、その裏側にピュアさがあるかどうかとか。究極的には愛があるかどうかとか。

昔派遣で会社の広告制作アシスタントみたいなことをしたことがあって、広告主側の担当者さんとやり取りしないといけなかったんだけど、その中でものすごく気難しい人がいたんだよね。もう何をやってもクレーム言ってくるみたいな。もう電話の向こう側でトゲトゲしてるのがわかる感じ。

で、メールを送信する時に愛で包み込むような優しいエネルギーをイメージして送ってみたら、それまで一度もありがとうの『あ』も出るような人じゃなかったのが、丁寧にお礼のメールしてきた!その時やっぱ文章のエネルギーってあるんだなって確信しました。それ以降は自分が何かを書くときとか何かを読むときとかエネルギーに気をつけてるかな。自分のエネルギーが低い時は他人向けに何か書かないし、そういうものを読んだりもしないかも。

もし、会社とかで苦手な人とかとメールしないといけない時、是非ふんわり優しいエネルギーも一緒に贈るのやってみてください。どんなトゲトゲ君も優しい愛のエネルギーをキャッチしたらきっと温和になると思う。自分に余裕がないとなかなかできないけど、皆がちょっとずつ意識していったらきっと何か良い方向に変わるよね。