魂の休息所

ほっとひといき

家の神社化(北極老人の教え3)

いつの間にやら新年度です。平成最後の1ヶ月って聞くと気が引き締まる思いがしますねぇ。(ところで、勝手に同じ漢字は使っちゃいけないと思ってたので、新元号「令和」って聞いて『え?ありなの?』って思いました^^)

 

で、タイトル。まだ北極老人さんのつづきです。どんだけハマってるんだ、私。。

その老人さんの門下生さんの本を読んでるといずれの本にも掃除の大切さが書かれてるんですよ。もうどの本読んでても途中で放り出して『わ、掃除しよ』って思うくらい掃除の大切さが説かれてます。

 

少し抜粋してみます。

 

『人は、思った以上に空間からの影響を受けています。神社の鳥居をくぐるだけで、厳かな気持ちになったり。雄大な自然を眺めるだけで、ちっぽけな悩みがどうでもよくなったり。そのような経験はどなたにもあることでしょう。

 

神社やパワースポットを訪ねるだけでその空間のエネルギーをいただくことができるので、運気が上がるというわけです。けれど、パワースポット巡りをするより大切なことは、あなたが普段から使っている空間に愛されることです。

 

神社の社の中に、服が脱ぎ散らかしてあったり、モノが無造作に置かれていたら、誰でも違和感を覚えるでしょう。それと同じ感覚で、自分が普段使っている場所を見るのです。すると、空間の邪気に敏感になれます。

 

そして掃除をするときは、ただの単純作業ではなく、集中して、おしゃべりは慎み、祈りながら。ひとつひとつの動作を丁寧に、かつ美しく、を意識することです。まるで神社の社殿を祓い清めるように、龍をそこにお迎えするような気持ちで掃除をすると、その思いが空間に宿っていきます。

 

具体的には、

・高いところから低い方へ、ホコリを落としていく。

・要らないもの、捨てるものは、どこか一箇所に集めておく。

・壁も床も家具も優しくなでるように水ぶきをする。

』つづく…

 

どうですか?読んでる途中からもう掃除したくてウズウズしてるのでは?^^

 

私はこれらの本読んで先日一念発起して部屋の断捨離と掃除をしたんですよ、旦那も巻き込んで。普段動かさない物も動かして拭いたりして神社とは言わないまでも結構クリアなスペースになったな、と思ったら!その後これまでで一番大きな案件受注しまして。『家の神社化すげー!』って思いましたよ。まぁ偶然といえばそれまでですが、やっぱりエネルギーが動くと物事も動くんだと思います。

(で、忙しくなっちゃってもぅ神社どころじゃなくなってしまった…。)

 

ちょっと最近なんか気分的にも物事も停滞してるな~と感じたらとりあえず掃除、オススメです。

 

まぁ掃除の本って定期的にブームになってたりしますし、私も読んだりするんだけど暫くすると忘れるんですよねぇ。で、こういう文章に出会うと『あぁそうだった、そうだった。綺麗にしよう』って動くって感じです。うーむ習慣化したいものですな。。