魂の休息所

ほっとひといき

東南アジアの旅⑫ ベトナム-ホーチミン

この日はダナンからベトナム最大の都市ホーチミンに移動しました。飛行機で1時間弱だったかな。

 

旦那さんの体調が悪くあんまり見て回ってないけど、 街中はフランスの影響が色濃く残る建物がチラホラありましたよ。 

f:id:rikamome:20191204224549j:plainエッフェル設計の郵便局

 

f:id:rikamome:20191204223752j:plain サイゴン大教会

 

f:id:rikamome:20191204223846j:plain

f:id:rikamome:20191204223900j:plain

f:id:rikamome:20191204223915j:plain

f:id:rikamome:20191204224401j:plain

ホーチミンもコンドミニアムなどの建設ラッシュのようでしたが、ローカルな市場のすぐ裏に高層マンション群があったりしてそのコントラストに驚きましたよ。。ちょうどイギリスでの事件がありましたが、貧困の差は相当大きいんだろうなと思います。

 

f:id:rikamome:20191204224433j:plainそれにしてもホーチミンは交通量が半端じゃない。街中を歩いていても歩道にすらバイクが走ってくるし、横断歩道を青で渡っていてもバイクが横から来るので緊張感がー"(-""-)"

 

f:id:rikamome:20191204224457j:plain

なので、来年には地下鉄が完成するというのは観光客にとっては喜ばしいニュースです。日本の建設会社が担っているみたい。

 

今回はじめて東南アジアを旅してみて、公共交通機関が発達してるって旅する上で結構大事なポイントだったなー、と痛感しました。ヨーロッパだと車で行くことも多いし、都市の場合はたいてい地下鉄とかあるので考えもしなかったけどー。

 

grab.com

旅行の間、タクシーに加えて東南アジアのUber的存在『Grab』↑を多用しましたが、価格が予めわかっているし相手も特定できるので問題になることもなくすごく便利でした。東南アジアに行かれる際は是非登録をおススメします(SMS認証があるので、日本を出国する前にアプリをDLする必要があります)!

 

まぁ各国で従来のタクシーサービスとの衝突に注意が必要な場所もあるんだけどね。ただ、占星術的にみると特に2021年以降、既得権益を死守しようとする土のエネルギーから、シェアをしていこうとする風のエネルギーに世の中が変化するにつれ、この手のサービス定着していくんだろうなと思います(^^♪

 

まだまだつづく